大きなボールを持っているところを前からタックルされて右肩がギクッと動いた - 京都市下京区の整体

南龍整体術ミロク気功整体院

口コミ・体験談, 日記・ブログ

大きなボールを持っているところを前からタックルされて右肩がギクッと動いた

131

主訴:肩がじくじく痛む、足と腰と首と肩にきている。全身を調整してください。

診断:右肩関節の後方亜脱臼である。

上腕骨頭が後方にずれている、事故以外では発生しない傷害である。

患側と健側の状態を精密に比較診断する。

①患側右肩甲骨が後方へ凸し且つ大きく下がっている、

②胸椎が右回転生亜脱臼し大きく左側弯、

③頸椎7番あたりの脊柱起立筋が拘縮している、

④胸鎖関節のずれ、

施術:関口流誠武館に伝承する南龍整体術を施術

check:肩の症状は改善。

右手首の豆状骨あたりに違和感、手首の回内・回外で肘に違和感を訴えられる。

診断:健側・患側を触診⇒肘関節のずれ、手首関節のずれ

タックルの衝撃波が手首関節・肘関節・肩関節・胸鎖関節を損傷していた。

南龍整体術を施術して解決。

股関節と骨盤を調整する。

日本古武道伝_南龍整体術_ミロク気功整体院 河本馨

この記事を共有する

肩こり・首・腰痛を解消したい方へ

京都市下京区,京都駅の整体

京都駅より徒歩6分 朝8時から受付 体験談多数掲載中 電話相談無料 完全予約制