數息観による禅定_透析25年患者の腰痛と右足親指のしびれ改善した - 京都市下京区の整体

南龍整体術ミロク気功整体院

日記・ブログ

數息観による禅定_透析25年患者の腰痛と右足親指のしびれ改善した

Img_9300建仁僧堂臘八大接心の写真

ミロク気功整体院 河本馨は今年の接心で禅定の初歩、入門である「數息観」が極意であると真実体験した。

透析歴25年の60代男性腰痛の仙腸関節と仙骨の調整に「數息観」(1つ2つ3つ、、9つ)を施術したところ患者の身体が反応して「ぐにゅぐにゅ」動き、股関節・腸骨・仙骨・脊柱の左右のバランスが3D立体的に整い且つ筋が柔らかくなった。丹田に氣を満たして呼吸を9回する。

第2主訴「右足親指のしびれのような違和感」は診断すると親指が浮き上がっていた(地に着かない)。原因は足関節の歪み拘縮からくる足根中足関節のずれ、膝関節の下腿外旋、股関節の内旋制限であった。これらは南龍整体術で改善した。親指が大地に確り着くようになる。

土佐の故木鶏さんが「最初に習う術が極意だよ」と戒めて下さった箴言を想うのである。

日本古武道伝_南龍整体術_ミロク気功整体院 河本馨

この記事を共有する

肩こり・首・腰痛を解消したい方へ

京都市下京区,京都駅の整体

京都駅より徒歩6分 朝8時から受付 体験談多数掲載中 電話相談無料 完全予約制