股関節が痛くてスムースに歩けない(2年前から)、左腕から手中指がしびれている(今年1月から) - 京都市下京区の整体

南龍整体術ミロク気功整体院

口コミ・体験談

股関節が痛くてスムースに歩けない(2年前から)、左腕から手中指がしびれている(今年1月から)

Scan_20180709

今までいかに不自由な状態で

過ごしていたのかが分かるほど

体中がすっきりしました。

本当にありがとうございました。

          R.H

40代女性

主訴:

①股関節痛(2年前から) 歩きにくい、歩き方がおかしいと云われる 同じ姿勢で痛みが出る 立ちっぱなしがつらい 階段は手すりを必ず持つ

②左手のしびれ(今年1月から) 肘から腕そして手中指がきついしびれ 首すごく痛い

その他に膠原病の診断

20年前 多発性硬化症で右半身脱力状態になった

シェーグレン症

繊維筋痛症(最近診断された)

診断と施術:

①股関節痛は、骨盤の歪みによる坐骨神経痛でした 股関節は異常なしでした

②左手のしびれは、左肩関節調整で消滅した 左鎖骨下での腕神経圧迫でした

P1_3

院長一言:

座位に於いて、仙骨先端が左に歪み上後腸骨棘は左が高く右が低い、したがって脊柱は真直ぐでなく右方向へ立ち上がり肩甲骨の真中あたりで左にカーブして首は真直ぐでなく左に傾いている。胸椎2番から頸椎6番の脊柱起立筋が拘縮している。

肩関節は南龍整体術の検査法で右も左も+45度以上肘が挙がる。しかし、左肩甲骨の動きが制限されている。胸鎖関節を見ると患側の左側は健側右に比較して沈み込んでいる。患側の左肩鎖関節が拘縮している。患側の肩関節はわずかに前方亜脱臼である(前下方亜脱臼と診断)。シビレの原因は頸椎の歪みの可能性もあるが鎖骨による腕神経圧迫の可能性もある。

 最初に左右の肩関節の矯正をした。この時点ではシビレに変化はなかった。丹念に胸鎖関節・肩鎖関節・肩関節・肘関節を調整し、患側の肩甲骨の拘縮がゆるんだときにしびれが軽減した。上部胸椎4番から頸椎6番を坐位氣功で歪みを矯正し、さらに、肩甲骨周辺を健側と同じ柔らかさになるように調整した。

「左腕のしびれは?」「ありません!」

それから、仙腸関節の調整⇒上前腸骨棘調整⇒股関節の調整⇒仙腸関節の調整⇒上後腸骨棘調整⇒仙骨調整⇒脊柱基本調整。

check:感想文の如し。

次回は頸椎の調整をします。5日後に来院予約。

追伸⇒2回目の来院

問診:

①股関節の症状は治っています。

②左手のしびれはほぼ取れたが手の平と中指に少しあり。

今回の主訴⇒階段の下り時に右膝の曲がりにくさを感じます。

診断:

患側右足関節が健側左足関節に比して拘縮し甲が高い。4年前脚立から落下して右足首を骨折したとの事。

施術:足関節の調整で拘縮が消え柔らかになる。

左肩関節を回すとポキポキ発音する。左肩周辺の調整で発音無くスムースに回転するようになる。

口を大きく開けると「痛い!」との事。顎の先端が途中で右に振れる。顎関節症と診断。

股関節と骨盤調整そして、頸椎のゆり調整と頸椎牽引を施術。

顎関節症がこの段階で解消した。(顎関節調整の必要がなかった)

最後に、毎月1回の定期的メンテナンスをお勧めする。

日本古武道伝_南龍整体術_ミロク気功整体院 河本馨

 

この記事を共有する

肩こり・首・腰痛を解消したい方へ

京都市下京区,京都駅の整体

京都駅より徒歩6分 朝8時から受付 体験談多数掲載中 電話相談無料 完全予約制