慢性の首こりが1週間前から左右こめかみの偏頭痛になっている 上向き厳しい右向きにくい - 京都市下京区の整体

南龍整体術ミロク気功整体院

口コミ・体験談

慢性の首こりが1週間前から左右こめかみの偏頭痛になっている 上向き厳しい右向きにくい

131

47歳女性

主訴:

頭痛(左右の蝶形骨と前頭骨の境目辺りを指示する)、1週間ほど前から痛む 

首のこりはずっと前から、上向きつらい、右向きにくい

診断:

①五十肩の症状(右腕は水平+20°、左は+30°)である

②頸椎の歪みと筋の拘縮がある、C1太い固い、C7を挟むと8cmほどの巾である

頸椎の横突起の穴には動脈が通り、頸椎の歪みと筋の拘縮で脳への血流が悪くなると頭痛、めまい、不定愁訴などを発症する

胸椎は左側弯し腰椎は右側弯(左回転性亜脱臼)し、左肩甲骨が1.5cm高い(坐位)

ところが

基本型26姿勢だと(頭の荷重がかからない姿勢)

側弯は逆転した

胸椎は右側弯し腰椎は左側弯(左後方亜脱臼)し、右肩甲骨が0.5cm高い

ごの理由は研究課題である

普通は坐位と同じ歪みが減少する

さて

コブ角30度以上の脊柱側弯症は

基本型26姿勢で腰椎の歪みが坐位よりも強くなるケースが多い

これは側弯症治療のヒントになる

施術:

①右肩関節の矯正により左側の頭痛は消滅した

②左肩関節の矯正をしたが右側の頭痛は残った

③頸椎のゆり調整で右側の頭痛は消滅した

④股関節・骨盤調整

⑤脊柱の基本調整

⑥脊柱の牽引で、頸椎左後方に硬さが現れた、C4左後方亜脱臼だ、

これを矯正した時、

check:

右向きMAXの時の引っ掛かりが取れました、楽です.

院長一言:

当院は頭痛や首こり肩こりの症状には、

肩関節(胸鎖関節・肩鎖関節・肘関節を含む)調整と

脊柱の調整(股関節・仙腸関節・仙骨を含む)をしております

.

日本古武道伝_南龍整体術_ミロク気功整体院 河本馨

この記事を共有する

肩こり・首・腰痛を解消したい方へ

京都市下京区,京都駅の整体

京都駅より徒歩6分 朝8時から受付 体験談多数掲載中 電話相談無料 完全予約制