左足甲が痛くて正座できません⇒楽に坐れます 南龍整体術 - 京都市下京区の整体

南龍整体術ミロク気功整体院

Q&A, 口コミ・体験談

左足甲が痛くて正座できません⇒楽に坐れます 南龍整体術

13160代男性

主訴:

正座しようとすると

左足の甲が床に当って痛い、

故に、正座できない

右足は痛み無いのになぜか?

左の太ももとふくらはぎが 突っ張ることがある

屈んで居ると左腰に違和感が出てくる 

診断:

痛みを訴える部位は、

左舟状骨と中間楔状骨である、

健側の右足に比して筋が固い感じである

触診していると

距骨と舟状骨の関節に違和感を訴える

①足関節の調整を要すと診断

腰椎5番が右回転性亜脱臼である

②左足全体の症状の原因と診断

施術:

背臥位で股関節と上前腸骨棘の調整

膝の調整

足関節の調整

足指の調整

腹臥位で仙腸関節の調整

足関節の牽引

仙骨調整と上後腸骨棘の調整

坐位で腰椎5番の調整

check:

畳の上で正座が出来る、

痛みはありません、

日本古武道伝_南龍整体術_ミロク気功整体院 河本馨

この記事を共有する

肩こり・首・腰痛を解消したい方へ

京都市下京区,京都駅の整体

京都駅より徒歩6分 朝8時から受付 体験談多数掲載中 電話相談無料 完全予約制