Q五十肩が痛いんです->Ans肩関節の炎症とまわりの筋肉の拘縮です - 京都市下京区の整体

南龍整体術ミロク気功整体院

Q&A

Q五十肩が痛いんです->Ans肩関節の炎症とまわりの筋肉の拘縮です

Novaimage五十肩は、上腕骨の骨頭が烏口突起に乗り上げるように前方にずれての隙間が無い状態になっています。腕が上がらない且つ後ろへ回らない症状の場合。

治療の基本は、腕を牽引し肩関節を十分開いて筋肉のちじむ速度に合わせて閉じる。

しかし、炎症のある間は牽引できない。気功術を使って肩関節の隙間に気を送り込んで少しずつ開いてゆく。これで痛みは取れるし可動範囲が大きくなります。

何度か来院される間に炎症は収まり、筋肉の拘縮がゆるみます。そこで思い切って牽引して治療するとぐにゅと動いて、腕は自由自在に動くようになります。驚くほどは軽くなります。

日本古武道伝_南龍整体術_ミロク気功整体院 河本馨

この記事を共有する

肩こり・首・腰痛を解消したい方へ

京都市下京区,京都駅の整体

京都駅より徒歩6分 朝8時から受付 体験談多数掲載中 電話相談無料 完全予約制