南龍整体術の基本的な考え方(病態と施術の理論) - 京都市下京区の整体

南龍整体術ミロク気功整体院

お知らせ

南龍整体術の基本的な考え方(病態と施術の理論)

Hiden2_2およそ人間は上下左右前後に自在に動ければ、気の流れ、血の流れ、神経の流れが正常に働き生命維持活動に支障なきものである。したがって身体の歪み、ねじれ、亜脱臼をとりのぞき、その動きを円滑にして、身体の左右のバランスを均等にしてやれば、肩こり、頭痛、腰痛、等の様々な苦痛から解放される。

これが南龍整体術の基本的な考え方である。

Simbol_2

色々な症状は①身体各部関節の変位、亜脱臼により、患部を通っている神経への直接、間接による圧迫等の影響を与える事により、その神経根から末端の神経に至るまでの間、及び連絡する神経沿いの各所に、圧痛、疼痛、知覚異常、シビレ、麻痺などの症状が現れる。もしくは、②関節の変位、亜脱臼により伸展、屈曲された各筋肉、腱などにコリ、圧迫と云った自覚症状が現れる。

南龍整体術では、患者の自覚的所見及び整体師の診る他覚的所見を考察し、患部の 病態を触診して、その関節の亜脱臼の角度、位置、距離を正確に認識して正常な位置に戻す。これによって、神経の圧迫、筋肉の緊張等が速やかにとりのぞかれ、症状が改善される。ただし、慢性化している場合は短期間での改善は無理である。何故なら、亜脱臼等の変位が起きると、患側の腱、筋肉等が堅くなって、ギブスの役割を果たすようになって、変位した関節がそれ以上移動しないようになっている。この結果左右の筋肉の強さのバランスが偏ってしまっているので何度も整体をしなければならない。最後に、関節は正常な位置で安定し症状の完璧な改善がなされる。

南龍整体術は初回で症状の改善を体感して頂けます。

この記事を共有する

肩こり・首・腰痛を解消したい方へ

京都市下京区,京都駅の整体

京都駅より徒歩6分 朝8時から受付 体験談多数掲載中 電話相談無料 完全予約制